スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ガレット・デ・ロワ

今日は毎年恒例の「お正月ケーキ」について紹介します。

フランスでは、お正月明けの最初の日曜日にガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)というケーキを食べるそうです。
フランス語で「galette」とは円形のケーキ、「roi」とは王様の意味です。
ガレット・デ・ロワはキリスト教の祭日、エピファニー(Épiphanie)を祝い、フランスで食べる伝統のお菓子で、パイ生地にアーモンドクリームが入ったフランジパーヌ・ガレット(galette à la frangipane)やブリオッシュ風ガレット(galette à la frangipane)があります。

参考画像
thCA8T59A6.jpg


ケーキの中には、フェーヴ(fève:ソラマメの意味)という小さな陶器の人形が隠されてます。このお菓子を家族や友人また職場で切り分けて食べ、フェーヴが自分のケーキに入っていたら、その人が今年の王様・王妃となります。紙製の金や銀の王冠が与えられ、幸運が1年間継続するといわれてます。また、このフェーヴがかわいいのです♪


毎年この時期の楽しみガレット・デ・ロワ。今年は旦那と楽しみたいと思っています^^



FC2Blog Rankingブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント


ガレット・デ・ロワ(Galette des Rois)は、月餅(げっぺい)のような菓子ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88%E9%A4%85

「利休にたずねよ」は、昨年末に映画館をたずねました。(^^ゞ
新年にはいってからは、2本も観てしまいました。追ってブログにアップしてまいります。



2014/ 01/ 04( 土) 09: 05: 15| URL| iina# cdb7H0bk[ 編集 ]
 

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://nanathuhoshi.blog.fc2.com/tb.php/21-22f08a5c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。